アドセンスのPVと収入の関係についてはコチラ!

こんにちは。英語9点の男こともりさんです。今日は、アドセンスのPVと収入の関係についてお伝えします。

 

PVとは、ページビューのことで何人の人がそのページを見たかという基準になります。そこで、PVをどれくらい集めれば稼げるのか。

 

PVと収入の関係についてお伝えしていきたいと思います。アドセンスでアフィリエイトする場合は、公式が存在します。

 

アドセンスアフィリエイトの公式

アドセンスで稼ぐ場合は下記の公式を必ず覚えておかなければなりません。そうしないと、その作っているサイトがどれくらい稼げる可能性があるのかがわからないまま作業をしなければならないからです。

 

収入(売上) = PV数 × クリック率 × 単価

 

そして、この公式のクリック率と単価というのは平均である程度決まっています。だいたいクリック率=1%、単価=20円。それで、公式に当てはめていくということでPVと収入が変わってきます。

 

例えば、PVが月10,000だったとしましょう。そうすると、計算式は下記のようになってきます。PVが月10,000の場合は、月の報酬が2,000円になることがわかるでしょう。

 

収入(売上) = 10,000PV × 1% × 20円

収入    = 2,000円

 

なので、PVが月10万であれば、収入は20,000円になりますし、100万PVであれば月20万円の報酬が発生することがわかります。このようにPVがわかればおおよその報酬がわかるようになります。

 

公式を実際にどのように活用するのか

では、この公式をどのように活用するのか。そこが結構わからないってあなたもいてると思います。基本的な話をすると、キーワードプランナーで検索したボリュームをここにそのままあてはめていくのです。

 

例えば、あなたが月に1ブログで5万円欲しいと思ったとしましょう。すると、どれくらいのPV数がいるか先ほどの公式を使えばわかりますよね。

 

5万円 = PV数 × 1% × 20円

PV数 = 250,000

 

これからわかることは、あなたが1つのブログで5万円稼ごうと思ったら、25万PV必要だということです。あくまで、目安ですがそんなことがざっくりとした数字でわかってきます。

 

そうなると、あなたが記事にしようとするメインキーワードをキーワードプランナーで検索して、12万5千PV以上あるのかどうかということを調べなければなりません。

 

なぜ、半分のPV数にしているかというとキーワードプランナーではヤフーの検索数が入っていないためです。なので、おおよそ検索数が2倍とみておけばいいので半分で大丈夫という目安をたてています。

 

ジャンル選定

このことからわかるように、あなたがその1ブログでいったいいくら稼ぎたいのか。それによって選んでいくジャンルが変わっていくということです。上記の場合であれば、1ブログで5万円欲しいのであれば、12万5千以上のキーワードプランナーの検索が目安になります。

 

それがあることを確認してから、記事を書き始めていきます。そこのところを考えずになんとなくジャンル選定をしているって人がほとんどです。これは下克上などで5万PVって言われていることも大きく影響しています。

 

しかし、実際問題としてどれくらいのPV数が必要なのかはそのブログでどれくらいの収入がほしいのかによって変わってくるということです。そういった基本を押さえていないと、なかなかトレンドアフィリエイトで稼ぐのは難しいと言えるでしょう。

 

どんなに、自分が好きなジャンルで書き進めても元々のPV数がない場合はなかなかうまくいかへん。それは仕方ないことなんです。どうしても、そこが大事になってきますので、今日の内容はしっかり把握しておくようにしましょう。

 

ちなみに下記から、この公式のことを詳しく書いている無料レポートがありますので興味があるあなたは読んでみてくださいね。このレポートでは、単価のところを25円にしていますがそれ以外の考え方はこちらに詳しく解説しています。

 

追伸

アドセンスで稼ぎたい。どうすれば、アドセンスで月10万円以上稼げるのか知りたい。そんなあなたのために下記の企画を立上げました。アドセンスで稼ぎたいあなたはコチラ

キーワード選定に頼らず月10万円稼ぐアドセンス倶楽部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です