キーワードSEOがトレンドアフィリでは効果的なの?

こんばんは。私は元々、本を読むことが好きなのですが、最近特に読んでいるもりさんです。基本的には、ダイレクトレスポンスマーケティングのマーケティング本を読んでるのですが、何回読んでも新しい発見があるのがこの種の本ですね。

 

私が特におススメなのは、ジェイ・エイブラハムとダン・ケネディーですね。日本人だと、北岡秀紀さんや鳥内浩一さんの本を何回も読んでいます。基本的には、この4人の本を何回も何十回も読んでる感じですね。

 

トレンドアフィリで最も重要なのは、キーワードの入った記事タイトル!

DVDを見たりもするのですが、動画は時間を拘束されすぎるので個人的にはあまり好きになれないんですよね。さて、本題に話しをうつしていこうと思います。今日のテーマは「キーワードSEO」です。

 

トレンドアフィリエイトで、最も大切なのは「記事タイトル」だということを以前書かせてもらいました。それに、付け加えるとするとキーワードの入った記事タイトルってのが正しくなるのだと思います。

 

なぜ、キーワードの入ったタイトルが最も重要かというと、現在googleが内部SEOで重要視しているのがタイトルタグだからです。もっと簡単にいうと、記事タイトルの中のキーワードと言えばいいでしょうか?

 

キーワードSEOって何?

この記事は、何をいいたいのかというのを記事タイトルのキーワードを見て判断しているということなのです。そこで生まれてきた言葉が「キーワードSEO」という言葉になります。

 

リンクつけという外部SEOは今でも重要なのですが、それと同じくらいかそれ以上に現在、重要になっているのがタイトルなのです。なので、キーワードを入れたタイトルでいかに日本語がおかしくならないようにするのかが重要になってくるのです。

 

また、もう一つ「キーワードSEO」と言われる理由があります。それは、記事の本文の中にどれだけキーワードが入っているのかというところをgoogleはみているからです。それは、キーワードに関連する言葉もあわせてみています。

 

この2つから「キーワードSEO」という言葉が生まれています。実際問題として、この2つを押さえておけば、あとはそれなりの記事の量があればライバルが強くないキーワードだと上位表示するのは難しくありません。

 

SEO対策をする順番!

SEOの順番で言うと、まず記事タイトル。その次に文字数。その次がキーワードがどれくらい入っているのか?それでもダメならリンクつけなどの外部SEOになります。基本的には、「記事タイトル」、「文字数」、「本文のキーワード」の3つを押さえておけばいいと思います。

 

文字数や記事の中にどれだけキーワードを盛り込むのかというのは長くなりましたので次回にお伝えしますね。

 

以上、ここまでをまとめます。「キーワードSEO」はトレンドアフィリエイトの核になる部分です。なので、「記事タイトル」と「記事本文にキーワードを入れる」ことを忘れないようにしましょう。本文中のキーワードの割合や1記事に対する文字数は次回詳しくお伝えいたします。

 

追伸

アドセンスで稼ぎたい。どうすれば、アドセンスで月10万円以上稼げるのか知りたい。そんなあなたのために下記の企画を立上げました。アドセンスで稼ぎたいあなたはコチラ

キーワード選定に頼らず月10万円稼ぐアドセンス倶楽部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です