ブックメーカー投資で最も大切なこととは?

ブックメーカー投資で最も重要なことについて今日はお伝えしたいと思います。ブックメーカー投資の中で最も重要なことは、利益を大きく狙うよりも損失を出さないという考えかたになります。

 

ものごとには攻めと守りというものがあります。野球でも攻めと守りが順番にあるようにブックメーカー投資をする中で大切になってくるのは守りです。私自身は株式投資を15年以上やっていますがそれにも通じることです。

 

それは、攻めよりも守りが大切ということです。簡単に言うと利益を出すことよりも資金管理をしっかりするということです。お金のリスクをしっかりと把握しながら投資をするということです。

 

どんな投資でも資金管理が最も大切

これは、どんな投資でもいえることなのですがブックメーカー投資については展開が早いため大きく利益を出すのもあっという間ですが、逆に資金を一気に失うのも特徴になります。

 

なので、最も重要なことは資金管理になります。極端なことを言うとまずはトントンでいいんです。最初の月はプラスマイナスゼロぐらいでいいのです。そこから、いろんなことを学んでいって、どうすれば勝てるようになるのか。

 

どうやれば損失は小さくなっていくのか。そういったことをしっかりと学んでいくことが大切になってきます。なので、最初のうちは投資できる資金の全額をbetしないことが大切です。

 

例えば、500ドルを資金にブックメーカー投資を始めるのであれば250ドルずつわけてから投資をするなどしていくようにしましょう。bet365でもいきなりキャッシュアウトができなくなることもあります。

 

そのため、betしたものがそのまま負けが確定するなんてことも少なからずあります。そうしたときに、全部の資金を投資してしまうともう続けて行うことができません。

 

私自身も何度かbetして、キャッシュアウトしたくてもできなかったという経験をしていますのでそれを考えると半分ぐらいは残しておくというのは大切になります。

 

ブックメーカーは分散投資が必須

先ほどの例で行くと、500ドルの半分は250ドルになります。250ドルありますと500ドルまで取り戻すのはある程度間違いないルールで運用していればそんなに難しくありません。

 

なので、リスク分散のためにそのような資金管理をしておくことをおススメしています。私の場合はもっと具体的な分散で投資方法を行っています。その方法で行けば、損することはそうないです。

 

ただ、ここに感情をからめてしまうと大きく負けてしまうことがあります。あくまで感情ではなく優位性のたかいところにbetすることが大切になってきます。そのことについては、絶対に忘れないようにしましょう。

 

もし、あなたが具体的な分散投資の方法を知りたいのであれば下記の講座にご登録ください。無料で稼げる秘密から、私が行っているルールの説明などをしています。大事なことは感情を殺してルール通りに行う。そして、資金管理をする。至ってシンプルなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です