ページランクが完全になくなった!

 

おはようございます。もりさんです。今日も前回につづきSEOの話しになります。以前から、googleはサイトやブログに対するページランクをつけていません。

 

しかし、これまでついていた過去のページランクは残ったままになっていました。それを、googleは今回過去の分も含めてわからなくなるようにしました。

 

これまで、アフィリエイターの人たちが中古ドメイン(ページランクの高いもの)を購入して、バックリンクにするというSEO手法が広く使われてきました。

 

gooleの本当の目的は中古ドメインの自作自演のリンクをなくすこと?

現在も、その手法は有効で多くのアフィリエイターが行なっている作業になっています。その少しインチキともとれる手法をなくしていこうとするのがgoogleの目的なのかもしれませんね。

 

これまでは、中古ドメインは新規ドメインよりもはるかに高い価格で売られていますよね。時には、10万円を超えるような価格がついていたりもします。

 

その購入の一つの基準となっていたページランクが完全に削除されたのです。ページランクは、一概に高い方がいいわけではなかったので、それだけを基準にしていた人は少ないと思いますが、googleが今後は中古ドメインリンクにペナルティー強化する布石なのかもしれませんね。

 

このことで、もちろんすぐに外部リンクの効果がまったくなくなるわけではありません。googleの目的は、質の高い記事やサイトをユーザーに提供することなので、中古ドメインを使ってあげているようなサイトをなんとかしようとしたいと思っているのでしょう。

 

しかし、今後ますます「キーワードSEO」の重要性が増してくるのは間違いないと思います。その「キーワードSEO」にも順番があります。

 

くれぐれも順番を守ってSEO対策を行なっていきましょうね。なにごとも順番はとっても大事なので、そのあたりについてはきちんと確認しておきましょう。

 

① キーワードを含めた記事タイトル

② 記事の文字数

③ 記事本文のキーワード比率

④ 外部リンク

 

基本的にこの順番になっていますので、確認になりますが外部リンクをつけるのは、最終手段といったところになります。あくまで、これらの順番で上位表示を狙っていきましょう。

 

SEO対策まとめ

とにかく、まずは「キーワードSEO」をマスターしましょう。それらがだめだった時の最終手段として、外部リンクを使いましょう。あくまで、質の高い記事があった上での外部リンクだということを肝に命じておいてくださいね。

 

キーワードSEOについては、期間限定で無料講座を行っています。なので、もし興味があるなら詳細を確認してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です