ホリエモンもアフィリエイトを認めてる?その優れた点とは?

アフィリエイトっていうと、多くの人があやしいと印象を持ちます。しかし、実は全くそんなことはありません。昔からある広告代理店のビジネスと同じです。

 

それをインターネットでやっている。それだけなんですね。実は起業家として有名なホリエモンこと堀江貴史さんもアフィリエイトについて認めています。

 

それは、彼の推奨しているビジネスの4大原則に合致したビジネスモデルだからです。その4大原則からなぜアドセンスアフィリエイトがこれまで成果が出ていない人や初心者に向いているのかお伝えしていきます。

 

ホリエモンが進めるビジネスの4原則とは?

ホリエモンは、ビジネスで失敗しないためには、4つのことを満たしている事業をするべきだと話しています。その4つを下記にしるしていますので見ていきます。

 

① 元手がかからない

② 利益率が高い

③ 在庫を持たない

④ 継続収入がある。

 

この4つになります。具体的にアフィリエイトがこの4つにどうあてはまるのか解説していきたいと思います。

 

① 元手がかからない

事業を始める際にもっとも大切なのは、失敗をいかにリスクなく速くするかということです。失敗を1回もせずに大きく成功するなんてことはありえません。そんな起業家は一人もいません。

 

なので、何度も失敗してもおおきな傷にならないようなビジネスをホリエモンはすすめているのです。そこで、ホリエモンはこの元手がかからなくて始められるネットショップを推奨しています。

 

アフィリエイトも無料ブログから始められるので、元手がかかりません。無料ですから、仮に失敗したとしても自分の作業がムダになるだけです。大きな借金を背負うこともありません。

 

アフィリエイトやネットショップというのは、それだけでリスクが低いことがわかります。脱サラしてラーメン屋ってなると店舗もつだけでどれだけ費用がかかるか想像できるでしょう。

 

どんなに少なく見積もっても数百万円かかりますよね。アルバイトなども雇ったりしたら、数千万円単位の可能性もあります。もし、失敗したとしてもネットショップやアフィリエイトだと再起することができますよね。

 

しかし、ラーメン屋はなかなかそうはいかないと思います。あまりに大きな借金を抱えてしまいますのでそれは、起業する前にあらかじめ考えておく必要がある部分ですね。

 

② 利益率が高い

粗利益がどれだけ高いかって指標は経営を見る上ではとても重要です。例えば製造業などでは、物を作るのに機械がいったり人員が必要になります。それがうまくいってる時はまだいいのですが、売れなくなった時にたちまち赤字になってしまいます。

 

日本を代表する企業であった東芝を見てもこれは理解できますよね。また、利益率が低いとその分、数を売らなければなりません。数を売るというのは、これまた大変なことです。

 

今の日本は好景気で物がどんどん売れるって時代ではありません。そのため、物を購入するときも基本的に1つ買ってためします。必要に応じて増やしていきますが、最初で圧倒的に他社に勝っていなければ数はでません。

 

その点、アフィリエイトは経費がかかりません。サーバー代やドメイン代を使っても粗利益は90%を超えてくるでしょう。こんな粗利の高いビジネスは他にはありません。

 

利益率が高くないと、価格勝負になってしまうところもありますのでスタート時は特に利益率を意識したビジネスをしなければなりません。それが、アフィリエイトは抜群に高いということです。

 

③ 在庫を持たない

在庫を持つビジネスの場合は、在庫との戦いになります。どれだけ残っているのか。どれだけ売れるのか?そういったことを常に管理しながらビジネスを展開していかなければならないので難しい面が多いです。

 

例えば、副業でせどりなどを初めてしまうと家が在庫であふれてしまいます。しかも、在庫が売れなければ仕入れ代金の影響で赤字になってしまいます。在庫を抱えた商売は、売れなかった時のリスクが常に存在するのです。

 

先日、私は楽天でゲームの中古ソフトを購入しました。購入したときは、在庫があるように書かれていたのですがいざメールがきてみると在庫がないので取り寄せになるから時間がかかるという内容でした。

 

このメールで私は思いました。この会社は、在庫リスクを減らしているのだと。しかし、消費者からするとそんなこと関係ないですよね。在庫があると思ったから頼んでいるわけです。

 

在庫がないのであれば、他の在庫があるところで頼むわってなりますよね。買う側の心理を考えるとそれが普通なのです。そう思うと、在庫を抱えるビジネスモデルはすごく厳しいですね。

 

在庫を持ちすぎると経営を圧迫する。しかし、在庫をなるべく抑えていると客を待たせるようなことをしなければならなくなる。そう思うとなかなか厳しいビジネスモデルですね。

 

もし、人をたくさん雇って始めるような形態であれば在庫の管理もある程度できますが、起業当初にそのようなビジネスを始める必要はないと思います。

 

④ 継続収入がある。

継続収入ってのは小さくても大きいですね。弁護士や税理士等の顧問料、アパートやマンションなどの地代など、その月に特段なにもしなくてもお金が発生するビジネスというのは経営が安定します。

 

世の中の経営者のほとんどがこのビジネスモデルを望んでいるんですね。しかし、なかなかうまくいかない。そんなジレンマを抱えています。それで、あれば最初から継続課金のモデルのビジネスをスタートするというのも一つの方法ですね。

 

継続収入という点においても、アフィリエイトはすぐれています。サイトをインターネット上にアップしていると一定数の人数が訪れてきます。なので、月に1記事しか更新しなくても10万円入るなんてことも普通にあります。

 

アフィリエイトは、継続収入があるのです。ネット上の不動産といったことを言う人も一定数いますね。だから、コツコツと記事を書いていくことが大事になってくるんですね。

 

まとめ

粗利がアフィリエイトのように高くて、在庫をもたないってビジネスって本当に少ないです。例えば、せどりや転売ってなると何かを買って売るのでわかりやすいですが、購入がある分利益率が下がります。

 

50%利益がでればいい方ではないでしょうか?しかも、在庫を持たなければいけないので在庫との戦いになります。どれだけ仕入れてどれだけ売れるのかというのが読めるようになるまでに時間がかかります。

 

しかも、単発収入になります。アフィリエイトのはその点とっても優れているといえるでしょう。そのアフィリエイトの中でも、特にアドセンスアフィリエイトは物を売る必要がありません。

 

だから、初心者でもこれまで成果をだせなかった人でもとてもシンプルにできています。ブログを作ってアクセスを集めるだけ。それだけになりますので、あなたに最も向いている副業になるのです。

 

ホリエモン推奨のビジネスの4原則をクリアしているアフィリエイト。あなたも初めてみませんか。初心者に特におススは、アドセンスをつかってする形態のものです。コチラで勉強してみてくださいね。

下克上∞の購入はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)