リップルの年末年始のトレード戦略

このページは、2017年の年末年始にかけてのリップルトレード方法をお伝えしています。2017年の12月はリップルの価格が高騰しています。しかし、一方で大きく下げたりと調整も入っています。

 

そこで、トレードのキャリアがあまりないあなたのために年末年始にどのようにトレードしていけばいいのか。そのヒントを私なりに解説していきます。なので、参考にしていただけたらと思います。

 

リップルの現状はビットコインに似てる

私が取引しているビットバンクでは、リップルは高値で300円を超えてきました。本日の安値は220円ほどになります。現在は240円前後で推移していますね。私は、リップルの相場を見るときに参考になるなあと思った指標があります。

 

それは、ビットコインの200万円超えしたときの相場です。以下のチャートをご覧ください。ビットコインの日足のチャートになります。

200万円を突破してから、かなりきつい調整が入っていますよね。ピーク時に比べると、おおよそ100万円近く下落していることがわかると思います。そして下記が、現在のリップルの1時間足のチャートになります。

 

どうでしょうか。すごくよく似ていますよね。ビットコインは、日足ですがリップルは1時間足のチャートです。すごくよく似た形になっていますね。リップルも300円から200円近くをつけてきていますので、約100円下落しています。

 

このことを踏まえて、ここからどんな戦略をとっていくべきなのかというのを3つお伝えしていきます。あなたがとりうる戦略ととるようにしましょう。

 

ガチホする

トレード歴が長くないのであれば、ガチホでいいかなと思います。出口だけは自分で戦略をたてなければなりませんが、SBIにリップルが上場されるまではガチホでもいいでしょう。

 

ただし、これは年末年始にチャートを見ないこと前提です。いくらになっているとみてしまうと、当面は下がるので売りたくなります。感情のコントロールが難しくなるので取引は見ない。これが鉄則です。

 

取引を見ることなく年末年始を楽しむことができるのであれば、初心者のうちは特にガチホというスタイルがもっともよいと思います。売買しなければ損失も含み損ですみます。

 

しかも、ずっと保有しておく気ならまだまだリップルは上昇の余地があると思います。その前提で、ガチホするのがおススメです。ただし、1年以上もつ覚悟は必須ですよ。

 

安値で買増す

2つ目の戦略は、安値で買増すというものです。これもかなりいいと思います。ただ、安値がどのくらいかというのが気になるところです。私としてはおススメは、1時間足で見て、75移動平均(MA)のライン上が一つの目安になります。

赤丸で囲んでいるところです。昨日時点では、180円ほどでしたが、今は200円ぐらいになっています。なので、本日であれば200円前後まで落ちてくると買うという戦略になります。ただし、これはいつもいっていますが新規の買いではありません。

 

買増しする場合の戦略になりますので、その辺りはご注意くださいね。個人的には、最も有効な戦略になります。そして、私も実践しているところです。

 

利確する

戦略と呼べるものでないかもしれませんが、チャート的には、当面は下げが予定されます。現状は、4時間足も、1時間足も下げ相場です。なので、一旦利確してまた入るのもありだと思います。下がった立ち上がりを買うのが有効ですね。

 

こちらも、1時間足で見て、75移動平均(MA)のライン上が一つの目安になります。日ごとに動きますので、必ず自分で移動平均を見てくださいね。ちなみに、現状では200円前後ですね。なので、こちらも移動平均線を活用します。

 

やや話はそれますが、移動平均線はどんなトレードをしていく上でも必須のものになりますので必ず勉強するようにしてください。投資の勉強なくして勝ち続けることはできません。その認識をもちましょう。

 

リップルの年末年始のトレードまとめ

これまでお伝えしてきましたように、年末年始のトレード戦略をお伝えしてきました。いつも言っていますが、現在は保有者の祭りになります。新規の人が買うのであれば押し目を待ちましょう。押し目も4時間足以上で見たものです。

 

200円で買い増すのは、あくまで保有者。もしくはいったん利確して利益を出した人になります。その点については、しっかりと警告しておきます。私のブログやメルマガを読んでいる人は300円付近で買って大きく損をした。

 

そんなことにはなっていないと思いますが、人間の感情というのは上がっているときはどんどん上がるものだと思ってしまうものです。しかし、これは幻想でしかありません。上がり続ける相場はないのです。

 

いつかは必ず下落します。ビットコインもそうだったように、大きく下落するときが必ずくるのです。リップルについても、短い時間でみると下降トレンドです。なので、その認識なくしてトレードで勝ち続けることはできません。

 

投資の本質というものをしっかりと見つめて、正しい戦略とルールをもって取引するようにしましょう。そうでなければ、バンドの「X」ではないですが破滅に向かっていくだけです。今回は、リップルの高騰から年末年始のトレード戦略をお伝えしました。ご参考までに。

2 件のコメント

  • 新年明けましておめでとうございます。回答ありがとうございます。ブログにて価格確定させて頂きました。私もそこまではガチホです。今年もよろしくお願います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です