リップル(XRP)はいつSBIに上場されるの?

このページは、SBIバーチャルカレンシーがリップル(XRP)の上場をいつするのかということについてお伝えしています。検索してみたところまだ、正確な情報が出ていなかったのでコチラで記事にしておきます。

 

2017年12月30日現在のリップル(XRP)の価格は200円にタッチするかどうかという値段をつけています。明らかに上がってきているわけですが、その要因の一つにはSBIバーチャルカレンシーへの上場があるでしょう。

 

SBIグループは、ネット証券として日本でナンバーワンの地位を築いてきた会社です。なので、FXや株式投資をしている人がかなり仮想通貨に流れてくるということが予想されます。

 

実際に、先行案内を受付けたSBIバーチャルカレンシーの社長の沖田さんは予想以上の数だったために、予定よりも時間がかかっていると回答しています。その上で、年明けにオープンするとも話しています。

 

なので、2018年早々の段階でSBIバーチャルカレンシーがオープンすることは間違いありません。そして、リップル(XRP)を取引銘柄に入れることも明言していますのでオープンと同時にリップルの流動性も高まることは間違いありません。

 

期待されるリップルとBCH

SBIホールディングスの北尾会長の発言をユーチューブなどで見ていると、SBIが力を入れている仮想通貨はリップルビットコインキャッシュ(BCH)になります。リップルについては、金融機関の送金をとりに行っていますね。

 

国際送金ならリップルの一択だと。そのシステムの中で、XRPが利用されるようになりますので間違いなく流動性は高まります。なので、リップルの価格はその期待もあって現在、ビットコインが下げている中でも上げ続けていますね。

 

もちろん、リップル社の四半期決算の後の提携先を発表するということもあるので上げてきているわけですが、SBIバーチャルカレンシーのオープンの時期とかぶっているところになにかありそうな予感がしますよね。

 

私は、わざとあわせてきたのかな?そんな予想をしています。ちなみに、ビットコインキャッシュについてもビットコインよりも将来性があるとSBIはマイニングをしていますので、まだまだ伸びしろはあると思います。

 

リップルについては、年末年始で上げてくると予想されます。現在は200円前後をつけていますが、まだ上げ幅はあると私は見ています。ただ、SBIバーチャルカレンシーの上場が終われば、いったんは大きな値上げは終息すると予想します。

 

もちろん、将来性があるコインですのでガチホでずっと持っていればいずれは上がるとは思います。しかし、いったんは調整が入る可能性が大です。今のチャートを見て買いに入るのは危険水域に達しています。

 

なので、保有しているものを持っているのであればいいのですが、今から新規で買いに入るのは投資家としてはなしです。そこはしっかりと肝に銘じておきましょう。ビットコインもそうだったように上がり続ける相場はないのです。

 

SBIにリップルが上場する前提の戦略

基本的には、SBIバーチャルカレンシーへのリップル(XRP)の上場があれば値段は上がるでしょう。それだけ、流動性が多くなれば通貨の値段は必然的に上がっていきます。ただ、気を付けてほしいのはどこかで売るときがくるということです。

 

ずっとガチホでもっていたとして、あなたはいつ売るのですか?この明確な答え、ルールがないのであればそれは投資ではなくギャンブルです。上がるか下がるかのギャンブルです。リップルも必ず急落するときがやってきます。

 

私自身は、いろんなチャートを長年見てきてそろそろリップルは危険水域に達していると思っています。なので、SBIバーチャルカレンシーの上場が頂点になるのかな?そんなことを予想しています。

 

逆にいうと、年明けのSBIバーチャルカレンシーの上場やリップルからの提携先の公表があってから「期待で上げて事実で売る」という相場格言を実施するのがいいのかなと思っています。

 

ユーチューブでいろんな情報を収集していると、5月までに5万円になるとかっていっている人がいましたが、それは99.99%ない。モナコインを比較に出してリップルの方が価値が高いと話していましたが、理由になっていません。

 

リップルは、金融機関の国際送金のために使われる仮想通貨ですのでボラティリティがそんなに高くなってはいけないものなのです。そんなにボラティリティが高くなってしまうと、いくら4秒で決済できても国際送金には向きません。

 

リップルの価格が上がるのはわかりますが、そこまでの急激な上げはないです。これは、断言しておきます。春先までに5万円なんて価格は99.99%ないです。煽られて新規で買わないでくださいね。

 

高値更新しているときというのは、保有している人は別として新たに買いで入るのは無謀です。仮にそれが成功しても、いずれ破滅します。その認識だけは必ずもっておきましょう。それは、リップルだけに限らず、どんな仮想通貨でも同じです。

 

リップルがSBIにいつ上場するのかまとめ

冒頭にお伝えしました通り、SBIバーチャルカレンシ-については2018年の年明け早々にオープンすることを社長が発言していますので、そんなに遅くない段階でリップルが上場されるでしょう。

 

なので、投資戦略としてはそれまでは保有しておくというのも方法の一つになります。もちろん、チャートを見て売るためのルールを決めておくというのがベストです。

 

しかし、チャートがよめないファンダメンタルでやりたいのであれば、利食いのポイントをしっかりと決めておく必要があるでしょう。現在の含み益はあくまで含み益で、利確して初めて利益になります。

 

そのポイントをどこに置くのかというのは、投資を続けていく上で大事な大事なルールになりますのでしっかりとしたものを持っておきましょう。その一つとして、SBIリップルが上場するタイミングというのもありだと思うのです。

 

そうなると、リップルSBIいつ上場するのかというニュースは見逃せないようになってきます。売るルールがないあなたは必ず情報を収集するようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です