日経225オプションは儲かるの?メリットとデメリット総まとめ!

日経225オプション儲かるの?そんな質問を時々いただきます。なので、今回は日経225オプションは儲かるのかという質問について私なりに思うことを解説していきます。

結論からいうと、日経225オプションは稼ぎやすく儲かる投資であることは約束できます。ただ、欠点もあるのでそこもあわせてお伝えしていきますね。興味を持ったあなたは、最後までご覧いただけたらと思います。

日経225オプションのメリット

日経225オプションは儲かる。稼ぎやすいと冒頭で私の結論をお伝えしました。ここでは、日経225オプションがなぜ儲かるのか。そのメリットをお伝えします。

①相場を予想しなくてよい
②勝率が高い
③ゆったり運用できる
④複利で大きく儲かる

相場を予想しなくてよい

日経225オプションの特徴の一つで、相場の予想が外れても利益になることがあります。これがかなり多いです。だから、だいたいこれぐらいって感覚で大丈夫です。

これが、FXや株の売買だとそうはいきません。上がるか下がるかを予想して当たらなければ損失になります。

しかも、売買するためにはファンダメンタルズ分析やテクニカル分析という難しい理論の勉強をしなければなりません。相当、多くの勉強が必要になります。それができなければ市場を退場です。

90%以上の人は、相場を退場しています。それだけ、相場を当て続けるのは難しいのです。もちろん、資金管理をすることで勝つ可能性は上がります。ただ厳しい世界であることは間違いありません。

 

日経225オプションの売買だと、上がるか下がるかではなく●●円~●●円までに入っていれば勝ちになるので非常に勝ちやすいのです。

勝率が高い

日経225オプションの取引は、しっかりと戦略を組めばどんなに下手くそな人でも80%の勝率は達成することができます。それは、先ほども説明したように●●円~●●円までに入っていれば勝ちという売買があるからです。

 

日経225オプションは用語こそ難しいですが、用語を覚えて仕組みさえわかっていれば、FXや一般的な株の売買よりも勝率は高いです。

FXも株は、上がるか下がるかの確率は常に50%です。それが日経225オプションの場合は、勝率80%で再現性が非常に高い(どんなに下手でも達成できる)のです。

 

もちろん、勝率だけでは投資はだめです。いくら勝率が高くてもい20%の負けですべてを失っては意味がありません。その点も、しっかり資金管理でリスクヘッジできますので問題ないです。

ゆったり運用できる

日経225オプションのメリットとして、私がもっとも感じるのはゆったり運用できるところにあります。これがFXや株だとそうはいきません。

大きく儲けるためには、時間軸をある程度短くしなければなりません。そうしないと月利10%のリターンを出すことはできません。

 

それが、日経225オプションの場合は1日10分ぐらいチャートの見るべきところをチェックしていれば大丈夫です。

個人的には、せっかく投資という無限大に稼げる世界にいるのに自分の時間を犠牲にしてしまうのは非常にもったいないと思っています。

なぜなら、張りついて売買することはデメリットしかないからです。チャートなどを気にすることなく寝られる。遊びに行けるっていう日経225オプションのような自由なトレードは他にありません。

複利で大きく儲ける

日経225オプションは、月利で10%前後の売買を毎月安定して可能になります。なので、勝っている資金を複利で回すことが可能になります。

例えば、100万円を10%で複利でまわせば、わずか2年で1000万円になります。2年で10倍が可能になるのです。そのためには、複利で運用する必要があります。

 

あとは、資金管理をしっかりして負ける時になるべく小さく負けるようにすれば、すごく儲かる。それが日経225オプションです。世界三大利殖の一つとも言われるほど稼ぎやすいもの。それがオプションなのです。

なので、基本的には儲かりやすいのが日経225オプションです。しかし、日経225オプションもすべてが100点満点の投資はありませんので、ここからは日経225オプションの欠点もお伝えしますね。

 

日経225オプションのデメリット

日経225オプションで儲けるのは難しくない。ただ、欠点もあります。デメリットを具体的に見ていきます。

①まとまった資金が必要
②一攫千金は狙えない

まとまった資金が必要

日経225オプションでは、まとまった資金が必要になります。これが欠点の一番大きなところです。最低でも100万円は必要になってきます。

もっというと、200万円はほしいところです。FXのように10万円の資金ではじめられるというようなものではないので、そこがデメリットですね。

なので、日経225オプションを始めるあなたは200万円程度は貯めてからスタートしてください。そうすることで、複利でまわせます。

一攫千金は狙えない

デメリットの2つ目は、資金が必要とセットになるものですが一攫千金が狙える投資ではないということです。安定して月利10%の利益を出すことは可能ですが、100万円を1月で10倍にすることは不可能です。

FXでレバレッジかけたり、仮想通貨のようなそんな取引をすることはできません。あくまで、複利で安定して稼いでいくというものになります。

なので、激しく売買したい人向けではありません。儲かるかどうかという視点も年月をかけて利益を出していくものが日経225オプションなのです。

なので、すぐにお金が欲しいという人には向いていません。1000万円もっている人が100万円を稼ぐってのはむずかしくありませんが、100万円を1000万円にすぐにはほぼ不可能な投資になります。

 

追伸
一攫千金を狙う投資ではなく、安定して月利10%を狙っていく投資に興味があるあなたはコチラにご登録ください。勉強になることをお約束します。

安定して月利10%を稼ぐ投資はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)