日経225先物の勝ち方/8月6日の結果と反省

このページは、日経225先物の勝ち方の8月6日版をお伝えしていきます。日経225先物のデイトレを初めてまだ数日のレベルですが、週が始まる前に基本のトレードプランをたてていきます。

 

そして、その結果と反省を実際にトレードした後に振り返っていきます。まず、基本的なトレードプランですが先週につづきブレイクアウトでコツコツと利益をとっていくスタイルでいきます。

 

利益幅はそれほど大きくなくても、勝率が高いので利益になるという投資手法になります。そして、明日の戦略をたてるためにまずは環境認識をいつものようにしていきます。

 

日経225先物の環境認識

経済的に週末の大きなニュースは、アメリカの雇用統計が予想よりも悪かったことぐらいですかね。ニュース的にはそんなところです。基本的に環境認識はチャートで行うので、ニュースはそれほど重視しません。

 

チャートを見ないと、環境認識ができないので日経225先物のチャートをまずは見ていきたいと思います。週足と日足を順番に見ていきます。まずは週足からです。

参照:jp.investing.com

週足の日経225先物は、紺色で塗りつぶしているところの上値が重いことがよみとれます。何度かトライはしていますが、いずれも跳ね返されてきています。なので、このまま一気に上昇は考えにくいですね。

 

ただ、だいぶ上昇圧力が強くなってきているので上値をブレイクしたら逆指値でエントリーをしようと考えています。ダブルボトムのような形で上昇する可能性もあり、そのケースでは大きく伸びる可能性があるからです。

 

上昇トレンドか下落トレンドをRSIで判断しています。なので、ギリギリ上昇トレンドに入っています。移動平均線もやや上向きでローソク足の下に入っています。なので、週足レベルでは基本上昇に優位性があると判断しています。

 

ただ、そちらの可能性と同時に山を下りてくるようなチャートを今後つくる方が可能性もあるので週足レベルでは売り目線と半分半分ぐらいでみていきます。次に日足チャートを見ていきます。

参照:jp.investing.com

日足についても、週足と同様の分析になりますね。上値は紺色のラインのところが重い状況です。ただ、あそこをブレイクするとかなり上昇が期待できます。

 

なので、今週はずっと23000円を超えてくるかどうかを見ていく形になると思います。日足の場合は、移動平均線をローソク足が割るか割らないかのギリギリのところに位置しています。

 

RSIもギリギリ50%を超えている状態ですから、移動平均線を割ってきたら大きく下落する可能性をはらんでいます。ただ、基本は週足と同じです。上昇メインの戦略において下落もにらんでおくという形の戦略になります。

 

22470円をブレイクするところに逆指値を置いて買いをエントリー。逆に、22330円を割ってくると売りでエントリーをすることになるでしょう。現状では、どちらも相場は半分半分の状況になっています。

 

私が取引をする1時間足でも上昇優位が終値の時点ではありますので、買いメインで戦略をたてていきます。気にしておくのは日足の移動平均線を割るのかどうか。4時間足の移動平均線を上抜けるかどうかです。

 

これらのことをチェックしながら、買いメインでエントリーをしていこうと思います。ちなみに、ニューヨークのダウ平均先物も上昇トレンドに傾いてきています。なので、日経もつられるのでそれでいきます。

 

少しだけ気がかりなのは、為替の動きですね。円高になってきていますので、下げにも十分に注意しながらトレードしていきます。トレードプランの結果がどのように反映されたかは、相場が終了次第お伝えしていきます。

 

8月6日のトレード結果と反省

 

勝敗 2勝2敗

本日利益 -33,280円

8月累計 +161,260円

 

8月6日のザラ場でのデイトレは、初めてマイナスになりました。環境認識の際にお伝えしたとおり買いでエントリーをしたかったのですが、その買いトレードサインが発生することは1回しかありませんでした。

 

2勝2敗のうちに勝ったトレードが買いのトレードでした。ほかの空売りのトレードはどちらも負けています。今日は、そもそもボラティリティが低くて、価格が大きく動きませんでした。

 

そのため、売買が4回しか行われていません。これ自体はしっかり待っている証拠なので、よく我慢できたという意味ですごくよかったです。反省点は、1回の負けの最大負けたトレードです。

 

一時は、5万円近く含み益が出ていたにもかかわらず利益を伸ばそうと考えて保有していたのがダメでした。その後、逆に動き出して、仕事をしてたりして見ていませんでしたが、チャートを見たときは損切りにかかってしまっていました。

 

本日のトレードは、しっかりエントリーを選択できたところは良かったです。4かいぐらいの売買というのは、とても理想的です。しかし、利益をとるという意味では伸ばそうとしすぎたところが反省しなければならないところでした。

 

利益が出ている時点で建値よりも10円利益がでる位置で、逆指値を置いて少なくても負けはなくす売買をするべきでした。今後は利益が出た後は逆指値を利益が出ているところに置いてトレードしようと思います。

 

今日はナイトも売買をしていこうと思うので、また記事を今後追加していきますね。そして、夜にはまた明日の環境認識もできればしていこうと思います。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です