日経225先物の勝ち方/8月2週目のデイトレ結果と反省

このページは、2018年8月6日~10日の日経225先物のデイトレ結果を公開しています。私の考え方を公開していますので、ぜひあなたのトレードに役立ててください。

 

まず、私の投資の手法ですが基本的にはブレイクアウトの手法です。直近高値を上抜けしたら買いエントリー。直近安値をブレイクしたら売りエントリーになります。

 

今週の225先物デイトレ結果

<8月6日の結果>

勝敗 2勝2敗

利益 -33,280円

 

<8月7日の結果>

勝敗 2勝3敗

利益 -84,100円

 

<8月8日の結果>

勝敗 3勝1敗

利益 +121,720円

 

<8月9日の結果>

勝敗 2勝0敗

利益 +23,360円

8月累計 +222,160円

 

<8月10日の結果>

勝敗 9勝2敗

利益 +60,980円

 

<8月累計>

勝敗 37勝14敗

勝率 72.5%

利益 +266,680円

 

今週の反省

週の前半は、負けが混みましたが後半に大きく利益を伸ばしています。現在、市場の環境は日足レベルでは保ち合いの状況が続いていますが要所、要所で大きな下落トレンドをとらえることができています。

 

基本的な損切りのルールを守りながら勝率は想定通りの結果になっています。現状で、月利25%を達成しているところなのリスクをかなりとりながら着実に結果を残しています。

 

私の取引の特徴としては、損切りをしっかりとできるところが強味ですね。エントリーと同時に逆指値を入れているので飛ぶことがありません。なので、大きな負けはありません。

 

また、最近気づいたことなのですが日経225先物の価格って反発するポイントがとてもわかりやすいんです。だから、そこを狙って10000万円ずつとっていくなんてスタイルもつくってきました。

 

反転ポイントは、一般的には価格が保ち合っているところで買いの厚い領域と売りの厚い領域を探してトレンドラインを引いていくのですが、それが日経225先物の価格と同じタイミングになっていることが多い。

 

見ていると、そこで何度も反転しているのでそこを超短期で狙っていくという手法も取り入れています。ただ、これはそこで止まらず暴落していくこともあるので紙一重になりますね。手法としては、転換点をちょこっととっていくスタイルです。

 

反省としては、勝率が高いのでどうしてもそうなってしまうのは仕方ないのですが利益幅が小さいというところですね。リスクリワードのバランスが勝率が高いので難しくなるのが欠点です。

 

自分が買い戻してすぐに大暴落が起きて利益を大きく取り逃すこともしばしばありますが、今のところはこの早めの利食いでやっていこうと思います。時々行う、転換点から大きく伸ばすスタイルではかなり利益がとれています。

 

ブレイクアウト、転換点から大きく伸ばす方法、完全な逆張りの超短期のどれに特化していこうかなと迷っています。どれでも利益はだせますし、どれも長所と短期があります。

 

デイトレでも自分にあったスタイルの取引をしっかりと見つけていこうと思います。いずれにしても、環境認識をしっかりと行い自己管理をしっかりとしていこうと思います。

 

来週は、お盆になりますので今週のように取引ができません。今週の半分ぐらいの利益をとっていけたらいいと割り切ってトレードしていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です