ビットコインで2018年も大きく利益を上げてる簡単なルール

このページは、2018年に大暴落中のビットコインでも利益を上げている方法についてお伝えします。超簡単なルールで100%近くのリターンを半年で出すことができています。なので、最後までお付き合いいただければと思います。

 

私は、取引をする前に必ず行って欲しいことがあります。それは、自分のルールを作って過去検証することです。大学受験や資格試験などのあらゆる試験に過去問題をといて挑むのに対し、なぜか自分の大事なお金をかける投資で過去検証をしている人はあまりいません。

 

過去問を解かずして、有名大学に合格することは難しいですよね。資格試験でも10年分の過去問を10回以上やれば、それなり難しい試験にも合格します。事実私は、それで社労士と行政書士と宅建の資格に合格しています。

 

投資も同じで、自分がお金を投資する前にしなければならないのは、ルールを決めて過去検証をするということです。そのため、今回、私のルールをあてはめてビットコインの売買を過去検証を行っていきました。

 

過去検証の前提ルール

私のルールはすごく簡単なものです。RSIが30を割って移動平均線を上抜けしたら買い。RSIを70超えて移動平均線を下抜けしたら売りというものです。それを過去検証していきました。期間は、2018年から今までです。

 

チャートは、日ごろ利用しているのでビットバンクを利用しました。なぜ、2018年からかというとそれまではマイナーだった仮想通貨がバブルのように人気になり、プロの投資家も入ってきたのがこの2018年からだからです。それまでとは異なる相場になっています。

 

1時間足RSI+移動平均線の結果

毎回BTC1枚ずつエントリー

勝ち 37 (買い21勝/空売り16勝)
負け 25 (買い15敗/空売り10敗)

利益 436,906円

※1時間足の取引の場合は、勝率67%になっています。この下落相場の中でも、買いで勝つことが多い特徴があります。下落相場で負けている方が圧倒的に多い中、半年で利益を50%近く出しているのがこの手法になります。

 

4時間足RSI+移動平均線の結果

毎回BTC1枚ずつエントリー

勝ち 9 (買い5勝/空売り4勝)
負け 6 (買い4敗/空売り2敗)

利益 -129,102円

※4時間足のエントリーは、勝率は66%ありますが利益はマイナスです。よく勝率を自慢する人がネット上でいますが、勝率が高くても収益がマイナスでは意味がありません。その典型の取引ですね。損切りの方が利益よりも多くなっているトレードです。

 

日足で移動平均線のみ利用した結果

毎回BTC1枚ずつエントリー

勝ち 5 (買い2勝/空売り3勝)
負け 0

利益 1,339,596円

※日足だとRSIが30割ることや70を超えることが少ないので、移動平均線だけでの取引を検証してみました。その結果が今回の爆益を上げている結果となります。ちなみにRSI込みのルールにすると下記のような結果になります。

 

毎回BTC1枚ずつエントリー

勝ち 3 (買い2勝/空売り1勝)
負け 0

利益 411,897円

※RSIを加えたもので検証しても負けていないので、ビットコインの売買はいずれにしても日足で移動平均線を利用するのがいいことがわかりました。これを見てもらえればわかりますが、空売りだけでなく買いのエントリーでもきちんと勝っています。

 

ビットコインで利益を上げる簡単なルールまとめ

この過去検証の結果を見ていただけるとわかるように、日足のチャートで移動平均線だけを見て売り買いすれば半年間の取引で130万円以上の利益が出ていることがわかります。よくYouTubeの動画などで、いろんな情報が流れていますよね。

 

今が底だとか。チャート分析をしっかりとしているような人もいますよね。でも、本質をわかってないんです。ビットコインはまだキレイなチャートを描いているので、日足で移動平均線1本だけで大丈夫ということです。

 

1時間足や4時間足で取引をすることで簡単でシンプルでいいものをわざわざ難しくして負けているんです。もちろん、空売りは必要ですよ。ガチホでずっと持っているなんてのは投資家のする行動ではありませんから。

 

売買の数も半年の間にたった5回だけです。すごく楽でしょ。しかも、その5回が全勝です。1度も損切りにかかっていません。こんな読みやすいチャートはほかにはありません。ちなみに、株やFXで日足をみないトレーダーはほぼいません。

 

それだけ、仮想通貨・暗号通貨の投資家は素人が多いということがわかると思います。日足のビットコインは移動平均線だけ大きく勝てる。この事実に気づいている人を私は今のところネットやいろんな情報の中でみたことがありませんでした。

 

株やFXの投資家が見れば一発でわかると思いますが、いかにインターネット上が似非投資家だらけだという証拠でもあります。もちろん、これはあくまで過去検証にすぎませんから今後も必ずこのようになるわけではありません。

 

日足の移動平均線を利用して今後、負けることもあるでしょう。ただ、2018年という相場の転換点で勝つために簡単なルールとしては移動平均線だけでいいんです。他のつまらない情報は必要ありません。

 

過去検証は思い込みを修正する

実は、私も過去検証をするまで4時間足が一番儲けやすいとおもい違いをしていました。過去検証をすると、4時間足は私が行った過去検証の中では唯一のマイナスの結果になっています。思い込みって怖いですね。

 

なので、あなたは自分自身のルールに合わせて必ず過去検証をするようにしましょう。本格的に投資を始めるのはその後で大丈夫です。稼ぎ続ける人は、順番を守ります。まずは勉強が先です。

 

なによりも資金管理の勉強をしっかりと行います。その後に、テクニカル分析の基礎的な部分を勉強をします。そして、自分のルールを作って過去検証という作業を行うわけです。

 

資格試験や大学受験に過去問を解かずして合格したって人はいないでしょう。投資の場合は、自分で汗水たらして働いたお金を使って取引をしています。そのため、より多くの過去検証をして利益が大きく残るルールで取引をすべきだと私は思っています。

 

もし、あなたがビットコインで稼ぎ続けるルールをもっと具体的に知りたい気になる。質問をしたいと思うのであれば、下記に登録をしていただけたらと思います。ガチホなどと言っている人たちとは一線を画しています。

仮想通貨で稼ぎ続ける秘密

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)