ブックメーカーって違法じゃないの?

こんにちは。今日は、ブックメーカー投資ってギャンブルなので、賭博なので罪になるのではないのかについてお伝えしていきたいと思います。

 

結論から言うと、違法ではありません。厳密にいうとブックメーカーを想定している法令がないといった方が適切かもしれません。賭博については刑法で禁止されています。条文を念のため見ておきましょう。

(賭博)
第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

 

条文を見ると賭博罪は罪としてかなり重いですよね。常習性があれば3年以下の懲役になります。しかしながら、日本では公営の競輪や競馬。競艇などといったギャンブルがたくさんありますよね。

 

パチンコだってあります。競輪や競馬については国が運営しているので違法にはなりえないですよね。ただ、パチンコについてはかなりグレーなところがありますよね。

 

ただ、パチンコについても行政が風俗営業法の許可を出して運営している以上、パチンコをしていて賭博罪で捕まることはないでしょう。パチンコの論理は、パチンコの機械で遊んでいるのを景品に交換している。

 

その交換した景品を別の会社(子会社)が買い取っているという形をとっています。そのために賭博にならないとしています。しかし、実質的には誰がみてもパチンコも賭博にあたるんじゃないの?そんなことを思いますよね。

 

この辺りは、パチンコ業界は警察官僚の天下り先になっていますので逮捕されたりってことはまずないでしょう。大人の事情ってやつです。

 

ブックメーカーについての違法性

そもそもブックメーカーはどういったものなのか。それは、イギリスが公営で行っているスポーツに賭けるというものです。公営なので、日本でいうところの競艇や競輪。競馬のようなものです。

 

これについては、日本で行われていないため刑法では取り締まれないというものになっています。刑法の賭博罪は、胴元と賭けを行うものが両方いることで初めて処罰できます。

 

胴元のイギリスのブックメーカーについては国営のものになりますので、胴元を逮捕できるわけがない。そのため、betしている人についても逮捕できないというのが刑法上のルールになります。

 

ちょっと話は異なりますが、日本で無修正の動画ってたくさん見れますよね。あれって、日本では違法ですけど海外では違法ではありません。そのため、日本にもたくさんの無修正動画がありますよね。

 

それが違法にならないのと同じです。アダルト動画についても、日本では違法ですが海外では違法ではありません。海外で運営されている無修正動画を見て逮捕されるということがないのとブックメーカーは同じと考えればよいでしょう。

 

時々、無修正動画で荒稼ぎして逮捕されているニュースなどがありますが、あれは日本で動画をアップロードしている場合に行われています。そもそも、海外で合法のものを海外でアップロードしていると捕まるってことにはならないですよね。

 

そこの国では合法のわけですから。法令というのは基本的に属地主義がとられていて、その犯罪を行った国で取り締まられるというのが基本です。しかし、ブックメーカーはイギリスにあります。

 

そこが主になっていますので、そこを取り締まることができない以上はブックメーカーをしている人を賭博罪では取り締まれないというのが現在の法令のルールになります。

 

もちろん、たくさん儲けをだして申告をしないとかっていったことについてはダメですよ。所得税法の方で逮捕される可能性がありますのでその点だけは注意が必要かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)