なぜリップルを孫正義が大量保有していると噂されるのか?

このページは、リップル(XRP)をソフトバンクの孫正義さんが大量保有しているとなぜ噂されるのか。その理由について具体的にお伝えしていきます。一部リップラーの間で、孫正義さんがリップルを大量保有しているという噂があります。

 

このこと噂について私は最近知ったのですが、私もおそらく孫正義さんはリップルを大量保有しているだろうと思っています。その理由を詳細にみていきます。リップルを孫正義さんが保有しているという噂が気になるあなたは最後までお付き合いください。

 

孫正義の仮想通貨に対する発言

孫正義さんは、過去に仮想通貨に全資産の10%の投資をしていると発言しています。また、今後5年間で仮想通貨は50倍になるとも述べています。このことから、孫正義さんが仮想通貨を保有していることがわかりますね。

 

しかも、5年間で50倍になると発言しているわけですから仮想通貨の将来性を高く買っていることがわかるでしょう。ソフトバンクで買っているのか。それとも、孫正義さんが個人で保有しているのかは定かではありません。

 

ただ、個人で保有すると税の問題もあるのでおそらく、何らかの法人を利用して買っているのではないかなと予想されます。その辺りは、はっきりと発言していませんのでわかりませんが、いずれにしても孫正義さんが仮想通貨を保有していることがわかります。

 

孫正義さんって、どちらかというとビジネスを大きくすることに投資しているイメージはあるので・・・仮想通貨に投資しているというこの発言を知ったときに私は驚きました。しかも、全資産の10%ってものすごい金額ですよね。

 

フォーブスによるとソフトバンクグループの総資産は204億ドル(約2兆2640億円)になっています。なので、総資産の10%というと、2264億円の仮想通貨投資をしていることになりますね。実際にここまで投資をしているかどうかは定かではありません。

 

しかしながら、すごく大きなお金を仮想通貨に投資していることは孫正義さん自身の発言からもご理解いただけるのではないしょうか。では、孫正義さんがリップルを大量保有しているという噂はどこから来ているのでしょうか。

 

なぜ仮想通貨の中で、孫正義さんがリップル(XRP)を大量保有していると噂されるのか。そのことについて具体的にその理由をみていきましょう。

 

孫正義がリップルを保有していると思う理由

これまでのところで、孫正義さんが仮想通貨に大きな金額の投資をしているということがわかりました。しかし、それはビットコインかもしれないしイーサリアムかもしれません。なぜリップル(XRP)なのかというのがわかりませんよね。

 

しかし、孫正義さんがリップルを購入しているだろうという噂には一定の根拠があります。それは、SBIグループの北尾会長と孫正義さんの繋がりから考えれば簡単にイメージできますよね。

 

SBIグループが今、最も力を入れているのが金融機関のリアルタイム化。国際送金の手数料を安くすることです。ここで行っているのが「内外為替一元化コンソーシアム」になります。簡単に説明すると、国際送金と国内送金の手数料を安くするというものです。

 

しかも、銀行間取引の365日24時間リアルタイムの取引が可能になります。これは、リップルのシステムを利用して三菱UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行やゆうちょ銀行などが参加して実現にこぎつけてきました。

 

そのSBIの北尾会長は、もともとソフトバンクの孫正義さんの金庫番をしていた人です。アリババへの投資でソフトバンクに兆がつくお金を残したことで有名な人物になります。その北尾会長がしていることを孫正義さんが知らないわけがありません。

 

北尾会長は、21世紀で最も大きな技術革新であるとブロックチェーンの技術を絶賛しています。しかも、SBIグループはリップルラボ社の株式の10%を保有するほどの出資者になります。おそらく、孫さんはSBIがリップルに投資する前からその存在を知っていたでしょう。

 

そうなるとどうでしょうか?どこかのタイミングで孫正義さんがリップル(XRP)に対して投資をしていてもおかしくないと思いませんか。そのため、私も孫正義さんがリップルを大量保有していると思っています。

 

これは、あくまでも想像の域を脱しないものではあります。もちろん、孫正義さんがリップル以外の仮想通貨も大量に保有していると思います。例えば、リップルと同様にSBIが推すビットコインキャッシュなんかもそうです。

 

おそらく多く保有しているでしょう。イーサリアムなども持っているかもしれませんね。なので、孫正義さんはいろんな仮想通貨を保有する中でリップル(XRP)も持っているのは普通に考えれば間違っていないと思います。

 

もちろん、私は現在の北尾会長と孫正義さんがどんな関係なのかというのはわかりません。しかし、ビジネスパートナーの一人であることは間違いないと思います。であれば、様々な仮想通貨の中でリップルを孫正義さんがたくさん保有していてもおかしくないと思うのです。

 

孫正義がリップルを大量保有している噂まとめ

ここまでお伝えしてきましたように、孫正義さんはリップルを大量保有している噂は間違っていないと個人的には思っています。それは、SBIの北尾会長と孫さんがビジネスパートナーだからです。

 

SBIの北尾会長が感じている未来を孫正義さんも同様に感じているのです。その最も固い投資先がリップル(XRP)になるのではないかと思います。リップルは、金融業界のインフラを整備するための仮想通貨になりますので国や政府から嫌われるようなことをやっていません。

 

そんなところからも、孫正義さんが大量保有していても最も不思議でない仮想通貨になります。もし、この噂が本当で孫正義さんがリップルを大量保有しているのであれば5年以内に50倍になるなんてことが本当にあるのかもしれません。

 

ただ、、すでにリップル(XRP)は孫正義さんが発言したころから比べると値を上げていますのでそこまで大きくは上げないのかもしれません。いずれにしても、リップル(XRP)が現在行っていることがまだ発展途上であることは間違いないところでしょう。

 

なので、50倍ということはないにしても10倍程度には上がる可能性が高いと思います。リップルのシステムで金融関係のインフラが全世界で整ってくるのは5年以内に実現可能性は高いと思いますので。

 

念のため最後にお伝えしておきますが、私は孫正義さんがリップルXRP)を大量に保有しているという噂が当たっていると予想しています。しかし、あくまで噂ですからね。そこだけは間違わないようにお願いしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)