GMOコインにリップルが上場する意味

このページは、GMOコインリップル社のコインXRPが上場することがニュースとして伝わってきました。XRPについては、流動性をもっと上げることが期待されていましたが、今回のGMOコインに上場することで、流動性が高まることが期待できます。

 

リップル(XRP)の取り扱いが始まるのは11月29日を予定しています。そのため、それに向けて値上がりも期待できますよね。現在、リップルはじわじわと上がってきていますので期待できますね。

 

GMOコインはどんな会社?

現在、リップル社のXRPが取り扱われていて金融庁に登録されているのはビットバンクだけになっています。ほかのところは、リップルを取り扱っていないことから次に取り扱うであろうSBIバーチャルカレンシーズには大きな期待がかかっていました。

 

そこに、割って入ったのがGMOコインになります。GMOコインは、インターネットのレンタルサーバーで有名な東証1部上場企業のGMOインターネットの子会社になります。私も、いろいろなサイトを運営していますので、GMOのサーバーを利用しています。

 

インターネットサーバーにも関わらず、電話対応がついているかなり使いやすく安価なサーバーを販売している会社ですね。レンタルサーバーのシェアでは日本一の会社になります。なので、金融の会社ではありませんがしっかりとした会社です。

 

これまでの仮想通貨の会社は、上場しているようなところはありませんでしたので信用度が低いところがあったのですが、GMOやSBIといった会社が参入していることで、そちらにお金が流れるのではないかと思います。

 

取引の安全などを考えると、やはり大手の方がいいですからね。これまでは、1億円以上のお金を仮想通貨の取引所に預けるのはセキュリティー上の関係で危険だなという想いがありましたが、今後かなりそれがクリアされていくと思います。

 

そういう意味でも、GMOコインへのリップル(XRP)の上場は大きな分岐点になると思います。流動性が高くなれば、当然ですが価格が上がりますからね。GMOコインの上場でどれくらい価格が上昇するのか期待したいと思います。

 

今後のSBIの上場にも影響する?

今回のGMOコインのリップル(XRP)の上場は、もう一つの大きな側面があります。それは、SBIバーチャルカレンシーが動き出すのが早くなる可能性があるということです。SBIは、これまでライバルになるべき相手がリップルを登録していませんでした。

 

元々、いち早くリップルに目をつけリップル社の株式を10%以上保有しているのはSBIです。今年の夏には、XRPを取り扱う取引所をオープンさせると北尾会長が話をしていましたので、かなり遅れていることがわかります。

 

北尾会長は。北朝鮮がビットコインなどの仮想通貨を盗もうとしているので、セキュリティーがしっかりとするまでは取引を開始しない方針に変更したことを公にしています。しかし、現状では唯一ライバルになりえるGMOが先にリップルを上場する。

 

そうなると、国内のXRPの取引のイニシアチブをGMOにとられてしまう。そんな不安を抱いても不思議ではありません。SBIがまだ上場しないとなれば、現在XRPを保有しているリップラーはGMOコインに流れる可能性があります。

 

また、新しく仮想通貨を始める人は現在で最も信頼のおける会社であるGMOコインに流れるというのは必然になります。それを、SBIの北尾会長が指をくわえて待っているのかというとそんなことはないのではないか。そんな予測がたちます。

 

なので、GMOコインがリップルを上場したことによってSBIのリップル上場が早まるのではないかという仮説がたてられます。もちろん、SBIの場合は一定のセキュリティーレベルをクリアしてからということになるでしょう。

 

GMOコインがリップルを上場のまとめ

このニュースを最初に聞いた時に、まず私が思ったことはリップルはどれくらい上がるのかなということでした。それと併せて、今持っているリップル(XRP)をどのタイミングでGMOコインに移動しようかなということです。

 

いったん上がりだしたら、どのタイミングで異動するのか。全部を移動させるのか。それとも、半分移動させるのか。リスクを考えると全部ではないのかなと思っています。SBIがもうすぐリップルを上場すると考えると、全部にする必要はないかな。

 

そんなことを真っ先に思っていました。これは、おそらくリップルを現在保有している人であれば、誰しもが頭の中に描いたことではないでしょうか。それぐらい、GMOコインの上場は大きなニュースになるのです。

 

流動性が高まることを思うと、まったく上がらないということはあり得ませんが、GMOコインでどれだけリップルの取引があるかによって、上昇の幅は変わってくるのかなと思います。

 

いずれにしても、リップルの価格に値動きがあることは間違いないと思います。11月29日にGMOコインが取引を開始してからしばらくの間は、値動きから目が離せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です